海外旅行のホテルご宿泊プランは、現地に密着したサービスを提供するコックス・アンド・キングス・ジャパン

ドバイの基本情報

ドバイはUAE、アラブ首長国連邦の中で2番目に大きい首長国で、大きさは日本の埼玉県・奈良県とほぼ同じ大きさです。1966年に石油が発見されて以降、石油の供給と共に急速に経済が発展した都市です。石油埋蔵量の少なさから石油に頼る経済から近年では観光、金融と流通の一大拠点となるべく、企業誘致・スポーツ大会誘致などを積極的に行っています。ヨーロッパ・アフリカ・アジアの中間に位置することから3つの大陸を繋ぐハブ都市としての役割も大きく担っています。 アラビア湾に面したエメラルドグリーンの海岸部分は高級リゾートホテルが並び、ヤシの木形をした人工島には世界のセレブの別荘が立ち並びます。内陸には国土の70%を占める砂漠があり、手付かずの広大な風景を見ることができます。市街地には超高層ビルが立ち並び「中東の摩天楼」とも呼ばれています。リゾート、広大な砂漠、超高層ビル群と一度に様々な景色を味わえる都市です。
コックスアンドキングスはお客様のあらゆるニーズ、リクエストにお応えできる各種のオプショナルツアーをご用意しています。現地日本人スタッフが中心となり、「快適さ」と「安らぎ」を知り尽くしたプロフェッショナルが皆様の旅のお手伝いをさせていただきます。

アラブ首長国連邦    気候    言語    水道    アルコール(お酒)    時差    電気    電話     通貨(両替)    チップ    アクセス   




アラブ首長国連邦

アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)は7つの首長国①アブダビ ②ドバイ ③シャルジャ ④アジュマン ⑤フジャイラ ⑥ラス・アル・ハイマ ⑦ウム・アル・カイワンで構成される「連邦国家」です。1971年に建国され首都はアブダビ首長国の都市アブダビで国土の85%の面積をもっています。

気候

亜熱帯性乾燥気候に属し、1年を通して雨を見ることはほとんどありません。 日本と同じ四季がございますが、春と秋は短く、夏場は湿気も高いため、体感湿度も大変高くなります。10月~4月の平均気温が20℃~30℃と最も過ごしやすく、(12月末から2月末までは、10℃~20℃で肌寒く、秋服が必要です)対して5月~9月では50℃を越える日も珍しくありません。また、この時期の水温は体温と同じくらいになります。

言語

「アラビア語」が公用語ですが、「英語」も一般的に通用いたします。ほとんどの人が英語を話せますのでご安心ください。またインド・パキスタンからの外国人労働者が多いため、ヒンドゥーやウルドゥ語を耳にすることも多いでしょう。

水道

ドバイの水道水はすべて海水を濾過したものが使われていますので衛生的には特に問題ございません。しかし、観光客の方には「ミネラルウォーター」をお勧めいたします。 ホテルのミニバーや街中のスーパーマーケットでもお買い求めいただけますので常に1本お持ちいただくと便利でしょう。特に日中は大変暑くなります。「水分の補給」は十分に行っていただきますようお願い致します。

アルコール(お酒)

許可を持ったホテルやレストランでは飲酒が許されておりますが、それ以外の場所での飲酒やアルコールの所持は観光客の皆様でも一切禁止されております。泥酔状態で街を歩くことも厳しく罰せられますのでご注意ください。(ホテル移動の際にアルコールを持ち運ぶことも厳密には違法となりますのでご注意ください。)
また、ビール・ワインなどのアルコール類は街中では一切購入できません。お部屋でのご飲用にはお部屋のミニバー(有料)をご利用ください。 隣の首長国「シャルジャ」では、観光客の皆様も、ホテル内であっても、アルコールの所持・運搬・販売・飲用が一切禁止されており、違反者は厳しく罰せられます。十分にご注意ください。東京のような大都会ではありますが、ここはイスラムの国であることを決して忘れないようお願いいたします。

時差

日本との時差はマイナス5時間。時計は5時間戻してください。

電気

電圧は220~240V・50Hzです。日本の電化製品を使用される際は変圧器が必要になります。
コンセントは3穴タイプ(BF)ですので、アダプター(変換器)も必要となります。

電話

各ホテルのお部屋から直接「国内・国際電話」をかけることができます。外線を呼び出していただき(主に「9」が使われています。)、続けて電話番号をダイヤルしてください。

通貨(両替)

基本的に現地通貨でのご利用となります。USドルは、ホテルや大きなショッピングセンターでは通用しますが、タクシーや小さなお店では現地通貨しかご利用いただけません。 少額でも現地通貨をご用意されたほうが良いでしょう。街中のすべての通貨単位はディルハムで表示されていますのでご注意ください。また「クレジット・カード」も広く通用いたしますのでご利用ください。UAE(ドバイを含み)の通貨は「ディルハム」(またはディラム)と呼ばれ「DHS」または「AED」と表記されています。補助通貨はフィリス(FILS)で、100フィリスが1ディルハムとなります。両替は空港・ホテル・街中の両替屋(EXCHANGEと書いてあります)で、日本円・米ドルから直接することができます。ただし、一般的にホテルでの両替には手数料が必要となり、あまりお得ではありません。街中での両替をお勧めいたします。尚、トラベラーズ・チェックでのお支払いは非常に時間がかかりますのでお勧めいたしません。
紙幣:1000Dhs、500Dhs、200Dhs、100Dhs、50Dhs、20Dhs、10Dhs、5Dhsの8種類
硬貨:1Dhs、50Fils、25Filsの3種類

チップ

他の西欧諸国と同様「チップ」の習慣がございます。相場は利用額の10~15%程度。気持ちのよいサービスと感じられたらご配慮いただけますと幸いです。

ドバイへのアクセス

UAE、ドバイへの直行便はエミレーツ航空が東京(成田)、大阪(関空)から就航しています。発着時間、料金等の詳細につきましては、エミレーツ航空のホームページをご確認ください。

エミレーツ航空
直行便
成田 → ドバイ 毎日
ドバイ → 成田 毎日
関空 → ドバイ 毎日
ドバイ → 関空 毎日

アブダビの基本情報

アラブ首長国連邦[U.A.E]を構成する7つの首長国の1つでU.A.Eの 国土面積の約80%を占めています。またU.A.E全体の石油の埋蔵量の大半が同首長国土内にあり、豊富な資源などにより連邦予算の80%を担う財力で他の首長国の経済面などの援助も行っています。

アブダビ    アブダビ国際空港    アラブ首長国連邦大統領 兼 アブダビ首長国首長    基本情報   
エティハド航空    2013年スケジュール【東京(成田)】&【名古屋(セントレア)】    アクセス   




アブダビ

アブダビ首長国の最大の都市であり、U.A.Eの首都も兼ねています。人口は市域で70万人(アブダビ首長国全体で約200万人)です。
街の中心部分はドバイに比べるとかなり小さく静かで渋滞も少なく「動のドバイ」に対して「静のアブダビ」と言われています。市内の道路は碁盤の目の様に分かりやすく公園なども多く見られます。現U.A.E大統領が就任してからは豊富な財力を元にアブダビ郊外や周りの島々の開発が急ピッチで進められ、多くのスポーツ大会の開催が成功し(F1グランプリ、エアレースなど)、現在ルーブル美術館やグッゲンハイム美術館の誘致(別館、分館として)にも成功し建設が進められています。

アブダビ国際空港

アブダビ国際空港アブダビの空の玄関口。今までのアブダビの行き方はドバイ空港に到着後、車やバスで約1~1.5時間かけて車での移動でしたが、2010年春にアブダビを本拠地とするエティハド航空の成田・中部就航が決まり、日本からアブダビへのアクセスが簡単になりました。今後アブダビ空港を拠点とするエティハド航空は世界各地に航空路線を拡大し、中東の大きな中継地としての役割を狙っています。

アラブ首長国連邦大統領 兼 アブダビ首長国首長

シェイク・カリファ・ビン・ザイード・アル・ナヒャーン(2004年~)

基本情報

ドバイ首長国と同じアラブ首長国連邦となる為、基本情報に関してはドバイの「観光ガイド」をご参照ください。

エティハド航空

2013年スケジュール【東京(成田)】&【名古屋(セントレア)】

東京(成田)発 ⇔ アブダビ (2013年6月12日現在)
区間 便名 運行曜日 出発時刻 到着時刻
東京(成田)→アブダビ EY871 月・火・木・土・日 21:20 04:35+1
アブダビ→東京(成田) EY878 月・水・金・日 21:50 13:00+1

名古屋発 ⇔ アブダビ (2013年6月12現在)
区間 便名 運行曜日 出発時刻 到着時刻
名古屋→アブダビ EY889 月・火・木・土 21:25 06:20+1(Stop1)
アブダビ→名古屋 EY888 月・水・金・日 21:30 13:55+1(Stop1)

*運航時刻は予告無しに変更になる場合があります。
*全て現地時間です。

発着時間の詳細につきましてはエティハド航空で御確認ください。

アブダビへのアクセス

UAE、アブダビへの直行便はエティハド航空が、東京(成田)、名古屋から就航しています。発着時間、料金等につきましては、エティハド航空のホームページをご確認ください。

エティハド航空
直行便
成田 → アブダビ 月曜・火曜・木曜・土曜・日曜
アブダビ → 成田 月曜・水曜・金曜・土曜・日曜
名古屋 → アブダビ 月曜・火曜・木曜・土曜
アブダビ → 名古屋 月曜・水曜・金曜・日曜

*2013年6月現在