海外旅行のホテルご宿泊プランは、現地に密着したサービスを提供するコックス・アンド・キングス・ジャパン

スリランカ7つのユネスコ「世界遺産」

スリランカ最古の都「聖地アヌラーダプラ」、宮殿跡や巨大な仏像などの遺跡が残る「古代都市ポロンナルワ」、ジャングルの中にある「古代都市シギリヤ」などスリランカ7つのユネスコをご紹介致します。

聖地アヌラーダプラ (1982年登録)

2500年以上も前のスリランカ最古の都で、インドからこの地に仏教が伝わりました。
スリランカ仏教の原点ともいえる仏塔やインド・ブッダガヤの菩提樹の分け木スリー・マハ菩提樹、イスルムニヤ精舎などのみどころが点在します。

古代都市ポロンナルワ (1982年登録)

南インド・チョーラ王朝の侵略に遭い、アヌラーダプラを放棄したシンハラ王朝がたどり着いて都にした地です。
仏教の普及に力を入れた王朝で、仏教都市としてこの地を開発しました。現在も宮殿跡や巨大な仏像など素晴らしい遺跡が残っています。

古代都市シギリヤ (1982年登録)

ジャングルの中に突如姿を現す巨大な岩山。1500年前には頂上に王宮がありました。岩山中腹の洞窟にある
シギリヤ・レディと呼ばれる美女のフレスコ画が有名です。遺跡には石窟寺院やミラーウォール、ライオンの入り口、王宮跡など見所がたくさんあります。

ダンブッラの黄金寺院 (1991年登録)

巨大な岩山の中腹にある自然の洞窟を利用した石窟寺院で、全長14メートルの涅槃仏が有名です。寺院は第1窟から第5窟まであり、美しい色彩の仏像と壁や天井いっぱいの壁画が残っています。

聖地キャンディ (1988年登録)

シンハラ王朝、最後の都です。英国の植民地支配下に置かれるまでの約300年間、都としての役目を果たしました。
シンハラ仏教徒にとって仏陀の歯を安置する仏歯寺は特別な存在で、スリランカ人の誇りです。年に一度ペラヘラ祭りには仏歯の入った仏舎利が象の背中に乗せられてキャンディの町を練り歩きます。 

要塞都市ゴール旧市街 (1988年登録)

14世紀頃アラブ商人達の中継貿易港として栄え、ポルトガル・オランダ人によって築かれた町並みが美しい要塞都市です。
その後ポルトガル、オランダが砦を築き町の原型をつくりました。美しい教会や時計塔が残っています。

シンハラージャ森林保護区 (1988年登録)

スリランカ唯一の自然遺産です。手付かずで残っている熱帯雨林のジャングルには、ここでしか見られない固有の動植物が数多くあります。